共同学童保育所「スタート」とは

スタートの特徴

楽しい行事が盛りだくさん!

毎月、誕生月のお友達をみんなでお祝いするお誕生会が開かれます。
土曜日に行くサイクリングや藻岩山登山、お泊り会
夏休みにはキャンプや工場見学、動物園などお出かけ多数。
冬休みにはスキー、スケートなど冬ならではの行事も。

異年齢でもみんな楽しく!

学年が違っても、遊びや生活を通して助け合い、学びあうことができます。
きょうだいのいない子も上級生がお兄さん・お姉さんで下級生が弟・妹。
みんな仲良く、楽しく遊べるよう保育、指導をしております。

家庭と変わらない安らぎのある放課後を過ごせます

民間の学童保育所は家庭に代わる子供の生活の場です。
宿題をしたり、おやつ作りや配膳のお手伝いもします。
上級生は昼食会の食事作りや皿洗いなどのお手伝いも。
悩みがあってもみんながいるから大丈夫!
連絡ノートを通じて父母も普段の様子を知ることができます。
子供と父母と指導員が良い関係を築き、毎日を安心して楽しく過ごすことができます。

スタートの遊び

外遊び

スタートの隣には公園があり、指導員の目が届くところで毎日自由に遊べます。
砂遊びや鉄棒、縄跳びやバドミントンや鬼ごっこなどをしています。
近くに麻生公園もあるので、友達と集まったり、ボールで遊んだりもできます。
時には大きな公園まで指導員の引率で遊びに行くことも。

室内遊び

レゴブロックなどのおもちゃの他にオセロや将棋などのボードゲームをしたり、
カルタや百人一首をみんなでやってみたり、
絵をかいたり、ぬり絵をしたり、工作をしたり、やりたいことを自由に楽しめます。
絵本や児童書など本も多数あり、静かに本を読んで過ごすこともできます。
TVゲームや携帯型ゲームはありません。

昔ながらの懐かしい遊びも

竹馬や『やっとこ』、缶ぽっくり、道具はすべてスタートにあります。
コマやけん玉は練習を重ね、希望者は年に1度の検定にも参加します。
やったことがなくても大丈夫。指導員や上級生が優しく教えてくれます。

普段の過ごしかた

いつもはこんな感じ…

学校の授業が終わったらスタートへ。お友達と一緒に楽しく帰ります。
宿題もスタートで終わらせます。わからないところは上級生に教えてもらおう。
おやつもスタートで食べます。おいしいおやつにみんな笑顔。
帰る時間まで外遊び・室内遊びで楽しく過ごします。
帰る前には後片付け、掃除。使った場所はみんなできれいにします。
「さようなら!」「バイバイ!」みんなで元気に帰ります。
帰る時間、帰る方向が同じ子は一緒に帰ろうね!

習い事のある日は…

■直接習い事へ
学校が終わってすぐに習い事が始まるときは、そのまま習い事へ。
習い事が終わったらスタートに帰ってきます。
習い事からそのまま家に帰る(スタートに行かない)場合は事前にご連絡ください。

■スタートから習い事へ
学校が終わったら、まずスタートへ。
習い事の時間になったらスタートから「行ってきます!」
習い事から家に帰ることも、またスタートに戻ることもできます。

学校のお友達と遊びたいときは…

夏期は4:45まで、冬期は4:30までにスタートに帰ってくるのであれば
学校のお友達と公園で遊ぶこともできます。
(もちろん保護者の了承があれば)
時計(時間)の勉強が終わって、自分で時間を確認できるようになる
2年生以降が対象です。

↑ PAGE TOP